福島市民家園

110,000㎡という広大な敷地に江戸時代中期から明治時代にかけての福島県北地方の民家を中心に、現在の伊達市梁川町にあった芝居小屋や福島市内商人宿、料亭、板倉、会津地方の民家などを移築復原したエリアです。

「カツベン」や「エール」などのロケ地にもなった芝居小屋の旧広瀬座は、今なお現役の芝居小屋として活躍中です。

民家園の敷地の中には、畑や庭も当時の環境を再現しており、まるで400年前にタイムスリップしたかのような光景をお楽しみ頂けます。昔の遊び道具などもあり、小さなお子様連れのファミリーもお楽しみいただける施設です。

 

※キャッチコピーは福島県立福島高等学校の生徒がSSH全員課題研究活動の一環で考えました。

名称 福島市民家園
住所 〒960-2155 福島県福島市上名倉字大石前地内(あづま総合運動公園内)
開館時間 9時~16時30分
休館日 毎週火曜日(火曜日が祝祭日の場合はその翌平日が休園日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場 あり
カテゴリー

郊外土湯温泉エリア

ロケ地実績 2019年映画「カツベン」青木荘、 2020年前期連続テレビ小説「エール」福島編、 2022年NHK BSプレミアムドラマ「雪国」