福島市ロケツーリズム推進会議〒960-8601 福島市五老内町3番1号

024-572-5718MAIL:kankou@mail.city.fukushima.fukushima.jp

自然豊かな福島市のロケ地を紹介します

福島市ロケツーリズム推進会議

「いい映像作品をつくりたい」という情熱に、わたしたちも情熱をもってお応えしています。

情熱ロケ応援隊@ ふくしまは、福島市内での撮影が円滑に行われるよう、

さまざまな面からサポートするとともに、撮影地をお探しの方々への情報提供を行っています。

注目のトピックス

2020年2月1日

『旧広瀬座』でカツベンのパネル展を開催中!

『旧広瀬座』でカツベンのパネル展を開催中!

2019年12月14日

旧広瀬座「カツベン!」試写会レポート(2)

旧広瀬座「カツベン!」試写会レポート(2)

2019年12月13日

旧広瀬座「カツベン!」試写会レポート(1)

旧広瀬座「カツベン!」試写会レポート(1)

ロケ地紹介

福島市民家園「旧広瀬座」

旧広瀬座は伊達郡梁川町の広瀬川川岸に当時の唯一の大衆娯楽施設として、明治20年(推定)に町内の有志によって建てられた芝居小屋です。舞台中央は回り舞台でその床下には奈落があり、花道・ぶどう棚・ちょぼ席など芝居小屋として必要なものはひと通り備えています。 外観も全般にわりあい簡素で古い形式ですが、小屋組には明治中期の建築を反映して、梁の長い洋風な造り(真束小屋)が採用されました。舞台の裏手は楽屋になっており、板壁には当時来演した役者たちの落書きが多数残されています。このような芝居小屋は全国的にみても数棟しか現存していません。

オフィシャルサイトはこちら