黒岩虚空蔵尊

名称 黒岩虚空蔵尊
雰囲気・様式 「黒岩の虚空蔵様」として親しまれ、定かではないが、約1,200年前に山中大納言植久公が、虚空蔵菩薩を安置したのが始まりとされている。寺の裏手には十六体の羅漢像が並び人々に親しまれているほか、 境内には元禄年間に鋳造された銅像「いぼなし鐘」や、なでると知恵を授かると言われる赤い帽子をかぶった「なで丑」などがある。

開館時間 4月~9月  6:30~17:00
10月~3月 8:30~16:00
休館日 無休
駐車場 あり
カテゴリー

眺望

【お問い合わせ先】

福島市ロケツーリズム推進会議

福島市市役所 観光コンベンション推進室

024-572-5718